メインメニュー
スポンサーリンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
トップ  >  リバウンドさせないための「躾」
 5Sにおける躾(しつけ)の定義とは「決めたことを守ること」でしたね。
「躾=習慣」と言ってもよいでしょう。

これまでの4Sはモノが対象でした。躾は自分自身を対象とします。
躾だけは他の4Sと次元が違い、時間がかかります。

【 躾に必要な段階 】
知る → 習う → 習得する → 習熟する → 習慣となる → 習性となる

知る:整理とは不要なモノを捨てることと知った。
習う:整理のやり方、整理するとどうなるか、本質的なことを理解した。
習得する:財布の整理を実践した。まだ時間がかかる。
習熟する:財布の整理に慣れ、短時間でできるようになった。
習慣となる:財布の整理が決まりのようになった。まだ意識している。
習性となる:無意識に財布の整理ができるようになった。くせになっている。

「大掃除術で、部屋をキレイに片づけたけれど、数日経ったら元通り」。
このようなリバウンドの経験は、誰もがしているのではないでしょうか。

 リバウンドを防ぐ一番の方法は、片づけを習慣化することなのです。習性まで行くとベスト。

 歯磨きをしないと気持ち悪い感覚になるように、「片づけをしないと気持ち悪い」という感覚になるまで習慣化しなければなりません。

しかし、この感覚が身につけば、自然と片づけを継続できるようになります。

では、どうすれば習慣化できるでしょうか?

 ポイントは、すでに習慣化された行動を見つけて、そこに新しい習慣をくっつけること。

 たとえば、カバンの中身を片づけられない人がいるとします。

 「家に帰ってから、時間があるときに片づける」では、まず忘れます。習慣化できていないから当然です。

 しかし、その人に「自分の部屋の椅子に必ず座る」という日々の習慣があるとします。

 その場合、そのすでに習慣化された「椅子に座る」という行動の前後に新しい習慣(カバンの中身を片づける)をくっつけるのです。

 ほかにも、カバンの中身を入れ替える前や、ベッドに入る前など、毎日必ずやっている行動はいくつかあるはずです。

 片づけを始めるなら、自分の日々の習慣を振り返り、新しいスイッチを入れることからスタートしましょう。


詳細は私の著書のサイトをご覧ください → 「金持ちになる人の財布、貧乏になる人の財布」

以上
投票数:20 平均点:6.50
前
夢や目標を醸成する「清潔」
カテゴリートップ
個人の片づけ
次
片づけは「財布の片づけ」からスタート

管理人

品質改善コンサルタント-羽根田 修

羽根田修

工場のコスト削減を指導するコンサルタント。5S活動は人財育成、現場力強化につながるという信念を持つ。

羽根田 修 プロフィール
簡易版(サイト内)
詳細版(別サイト)

羽根田が所属するコンサルティングファーム(別サイト)→  会社概要
羽根田運営サイト
品質改善.com
ものつくりにおける品質改善のヒントや考え方を提供するサイト。

メールマガジン
工場長・製造部長のコスト削減マネジメント

省エネ・品質改善・物流のコスト削減で利益創出体質を実現!
工場のコスト削減コンサルティングファームのコラム。


Osamu Haneda

バナーを作成


金持ちになる人の財布、貧乏になる人の財布|羽根田修 - 中経出版

Facebookページも宣伝