メインメニュー
 スポンサーリンク
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
トップ  >  工場の5S改善事例
 コンサルタント(羽根田)を入れて活動したT社工場の5S改善活動です。

すべての活動は書けませんので、概要のみでお許しください。

【クライアント概要】

 T社:セラミクス製品製造業、資本金1,000万円、従業員数40名。

【導入経緯】

 T社社長は、工場のレベルの低さ、現場の主体性のなさを重要問題点として認識し、常々現場をどう教育するか、頭を悩ませていました。

そこへリーマンショックによる景気の低迷により、受注が急減。この機会に現場の教育に力を入れようと考えました。

 羽根田から、現場力強化は、5S活動を導入することが最も良いと具体的内容と効果、進め方を企画立案し、提案しました。

T社社長は「今後成長するためにはコンサルタントの活用も大切だね。現場も本気になってやらざるをえないだろうしね。」と提案を受け入れてくれました。

【取組み体制】

 1〜2ヵ月に1日、生産を止めて、5S活動日を設け、全員参加としました。

現場を4つにわけ、チーム編成し、リーダーを決め活動を推進しました。

場所はT社で、羽根田が訪社し、現場を見ながら直接指導しました。

活動期間は1年間です。

【活動内容】

 まず、私がT社の要望に合わせた5S教育カリキュラムを作成し、5Sの講義をしました。

5Sの意義を理解してもらってから、実習した方が効果的だからです。

実習では講義で習ったことを現場で実践してもらいます。

実践した結果は、写真に撮って発表し、私がコメントをつけ、議論しました。

 つまり「講義 → 実習 → 発表 → 今後の課題のまとめ」と進めました。

特長は、5S活動の正しい知識を身につけさせ、それを実習することで、確実に身につけてもらうよう、指導したことです。


指導の様子(白衣が羽根田)

【活動成果】

 T社社長のコメント「現場がかなり変わった。品質、納期など良い工場は必ず5Sができている。

ようやく、ここまできたのだから、今後も引き続き取り組む。」と全員の前で宣言し、終了しました。

 コンサルタントとして多くの活動を指導した経験から、活動がうまくいくと、参加者の顔つきが輝きます。

今回の活動も、社長、部長をはじめ、現場の皆さんが、活動をやりきったという、いい顔をしていました。

工場のムダがだいぶ取れ、筋肉質の工場になりました。本当に良かったです。

投票数:69 平均点:5.22
前
5Sセミナーの内容と費用
カテゴリートップ
コミュニティ
次
指導したお客様の声

 管理人

品質改善コンサルタント-羽根田 修

羽根田修

工場のコスト削減を指導するコンサルタント。5S活動は人財育成、現場力強化につながるという信念を持つ。

羽根田 修 プロフィール
簡易版(サイト内)
詳細版(別サイト)

羽根田が所属するコンサルティングファーム(別サイト)→  会社概要

 羽根田運営サイト
品質改善.com
ものつくりにおける品質改善のヒントや考え方を提供するサイト。

メールマガジン
工場長・製造部長のコスト削減マネジメント

省エネ・品質改善・物流のコスト削減で利益創出体質を実現!
工場のコスト削減コンサルティングファームのコラム。