メインメニュー
スポンサーリンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
トップ  >  5Sの環境作り
 5S活動には、チェック・評価機能が重要です。

5Sは工場にとって当たり前だけど、ただ「やれ!」と言ったって、なかなか進まないし定着しません。

(やれ!と言って進めば苦労はしないんですがね)

そこで、参加者が「仕方ないやるか〜」と、5Sをしなければならない環境を作ることです。

やらされ感がでない程度に強制力を植え付けるのです。

 皆さんも日常生活の中で似たような経験をしていると思います。

例えば、運動不足は不健康なので、日々の運動は大事です(他にもダイエットや家計簿とか)。それは当たり前でわかっています。

それで、毎日ランニングしようとか腕立て伏せしようかと決めるのですが3日坊主で終わります。

当たり前のことがなかなかできないのです。

続かないことはやり方を変えないとダメです。自己否定して自己変革していかないと絶対に続きません。

 日常生活において、フィットネスクラブに通うことにしたとしましょう。

月会費を払った → もったいないから行こう
トレーナーがプログラムを作った → プログラム通りにやれば体力アップしそう
トレーナーが定期的にチェックする → 怠けず頑張ろう!

と強制的にダイエットが続くようになります。さて話を5Sに戻します。

 5S活動の最初のうちは、社長や部長がガミガミ言うか、率先垂範するかして、レールを引きます。

自社で進めるなら、まず取り組むべきは推進者のテリトリー(事務室、トイレ、玄関など)を徹底的に5Sします。

それなら「お前ら現場もやれ!」と言えます。いきなり部下にやらせると失敗しがちです。

 そして、明確な期限を設定して、社長や部長が必ずチェックします。発表させるのもいいでしょう。

社長や部長がチェックしにくる・・・やらねば。発表会がある・・・やらねば。という状態にすることです。

 つまり、推進者自らやってみせる、そして部下にやらせる、部下がやった結果をフォローするのです。

きっちりとフォローするといったチェック・評価がやらざるを得ない環境を作ります。

推進者が自らできないのであれば、外部のコンサルタントを活用して下さい。コンサルタントに教育してもらうことです。

5Sを習得し習熟し習慣となればしめたもの。5Sが歯磨きと同じように、やらないと気持ち悪い、工場の文化として定着します。

5Sは定着するまで時間がかかります。あわてず、あせらず、あきらめず、続けていきましょう。
投票数:78 平均点:5.77
前
5Sが定着しない理由
カテゴリートップ
5S活動の進め方
次
5S推進体制

管理人

品質改善コンサルタント-羽根田 修

羽根田修

工場のコスト削減を指導するコンサルタント。5S活動は人財育成、現場力強化につながるという信念を持つ。

羽根田 修 プロフィール
簡易版(サイト内)
詳細版(別サイト)

羽根田が所属するコンサルティングファーム(別サイト)→  会社概要
羽根田運営サイト
品質改善.com
ものつくりにおける品質改善のヒントや考え方を提供するサイト。

メールマガジン
工場長・製造部長のコスト削減マネジメント

省エネ・品質改善・物流のコスト削減で利益創出体質を実現!
工場のコスト削減コンサルティングファームのコラム。


Osamu Haneda

バナーを作成


金持ちになる人の財布、貧乏になる人の財布|羽根田修 - 中経出版

Facebookページも宣伝