メインメニュー
スポンサーリンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
トップ  >  ストライクゾーンとは
 5Sのストライクゾーンとは、作業やモノの使いやすい範囲のことをいいます。

具体的なストライクゾーンの範囲は、作業者の「肩より下、膝より上」で、約400〜1300mm です。

ストライクゾーンは野球で使ったり、異性や趣味などの好みの範囲を指すことにも使われますが、5Sのストライクゾーンも同様の意味から転じています。

すなわち、作業のしやすいど真ん中ということです。

 例えば、届かない所にモノがあったとしましょう。すると、
 
・背伸びしてバランスを崩す危険。
・モノを落として壊す危険。
・落としたものが体に当たる危険。
・踏み台を探す時間のムダ。
・踏み台を持ってくる時間のムダ。

こんなことが起こります。

次に地面にモノがあったとしましょう。

腰をかがまないと取れませんね。これも動作のロスが発生し、腰に負担がかかります。

 ストライクゾーンの設定により「取り出しやすい」「安全に作業できる」工場・事務所が実現できます。

ぜひ、ストライクゾーンを意識した5S活動を行って下さい。


投票数:96 平均点:5.62
前
3定とは
カテゴリートップ
5S用語集
次
線引作戦とは

管理人

品質改善コンサルタント-羽根田 修

羽根田修

工場のコスト削減を指導するコンサルタント。5S活動は人財育成、現場力強化につながるという信念を持つ。

羽根田 修 プロフィール
簡易版(サイト内)
詳細版(別サイト)

羽根田が所属するコンサルティングファーム(別サイト)→  会社概要
羽根田運営サイト
品質改善.com
ものつくりにおける品質改善のヒントや考え方を提供するサイト。

メールマガジン
工場長・製造部長のコスト削減マネジメント

省エネ・品質改善・物流のコスト削減で利益創出体質を実現!
工場のコスト削減コンサルティングファームのコラム。


Osamu Haneda

バナーを作成


金持ちになる人の財布、貧乏になる人の財布|羽根田修 - 中経出版

Facebookページも宣伝